自動計算


地域や家族構成や年齢などによって、生活保護で支給される金額は異なります

働いた分の収入の金額は差し引き計算して支給されます

生活保護の支給金額は全国的に統一されているわけではありませんので、住んでいる地域や家族構成、年齢、病気や障害の有無、介護の必要性などによって大きく異なってきます。 お住まいの市区町村のホームページなどで確認するのが一番確実です。 この理由は地域によって暮らしに掛る固定費用や家賃などが大きく異なってくるからです。 使える国の全ての存在する制度を利用しても最低限の暮らしをできない場合に補足的に足りない分の金額が支給されます。 これを踏まえて単に世帯所得が低いことや、病気やけがで働けないなどでは受給できるかはわかりません。

生活保護の受給で免除されるものもいくつかあります

このほかにも制度によっては免除されるものもありますので各市区町村で問い合わせてみましょう

生活保護を受給することによって免除されるものがいくつかありますが、一番大きいのは地方税(住民税や、固定資産税)ではないでしょうか。 それ以外にも国民年金の保険料や水道の基本料金、NHKテレビの受信料などがあります。 また、東京都新宿区の制度では健全育成費や、中学校卒業就職支度金もあります。 交通関係も都電・都営地下鉄・都営バス共通無料パス(これは世帯に一枚となります)、お風呂のないワンルームのアパートの世帯には一定回数の公衆浴場の入浴券(入院・施設入所中の方は対象外)もしっかりとあります。 また自立促進費なども事前に調査すれば事前に準備されています。

生活保護と労働賃金の差はどれくらい??

労働する事より生活保護受給したほうが収入が多い事も

近年、生活保護の受給者は年々増加していますが、問題として特に(最低賃金が安い地方などでは特に)収入が週5日一生懸命8時間働いた額より、生活保護受給者の受給金額の方が大きくなってしまう事が挙げられています。 さらに医療費や介護費などその他のサポートも無料で受けれるとなったら、働く事を馬鹿らしく感じてしまう方も少なくはないのが現実です。 また年金も「最終的に貰えるかわからないなら損して払う必要がない」「今、国民年金を払う事によって暮らしが苦しくなっている、将来本当に貰える金額がわずかになるのなら受給しよう」という考え方が出てきています。 確かに金額の面だけで比較するとこのような事が実際に起こってしまっているのは問題です。 ですが、生活保護の支給金額の削減や制度の改正などは、不正受給の問題も含め毎年国会で話し合われ綿密に話し合いが行われ議論されています。 年々、予算が無くなり制度は厳しくなり審査や対象者の基準も徐々に難しくなる事が予想されます。 それ以外にもこの制度はあくまで最低限度を保障し足りない金額の差し引きを補足するものですので、これを受給することによって流れ的に手放さなくてはいけないものも多く出てきます。 チェックを忘れてはいけないのはまた世間的な目もこのシステムの利用者、受給者には残念ながら厳しいものとなっています。 これは正当な受給者に対するものはなんとか早急に徹底した対策や変更をケアして、まずは練らなくてはならない社会的に大きな問題となっていますが、給付された金額を全てパチンコや中央競馬などのギャンブルに使用してしまったり、お酒などに使用してしまうという現実がメディアでも取り上げられていることが理由の一つでもあります。


このページの先頭へ